2010年06月20日

This is who you are



え〜、僕が一押ししてる映画「パブリック・エネミーズ」ですが、これには色々と理由がございまして、基本的にこの金融業界が巻き起こした不況の最中に同じく恐慌の最中に銀行強盗がヒーローの映画が封切られるってのが映画業界を通じて「さすが!」と唸ってしまうくらいいい企画だったんですね。

ただ、このジョン・デリンジャーという男を主題にした映画といいますと70年代くらいに作られてるんですが正直面白くなくて(間違いなく子供の頃観たんだけど内容覚えてない)、おかげでジェシー・ジェームズやビリー・ザ・キッドみたいに何本も「デリンジャーもの」が作られなかったという悲しいいきさつがあるものですから不安はありましたけどね。

ただ、先に作られた作品がショボかったら後発でも本家を名乗れる可能性というのはあるわけなんすね。「暴力脱獄」ってポール・ニューマンの映画はフランスの「大人はわかってくれない」って映画のコンセプトいただいてて(確認してもらったらわかるけど「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」もこれからいただいてます)先発があまりにも有名だったんでみんなそっち(先発)しか覚えてないというようなことはないわけです。

さて、この「パブリック〜」は内容がすばらしいので間違いなくその後「デリンジャーもの」の本家を名乗れるであろう内容になっとります。

これ、他の映画評論のブログでも書いてる人いたんですが、とにかく「空間、空気」をきっちり描いてて、主人公がある場所では普通の人、でも他の場所ではアウトロー、その違いは何なのか?それはその場の持つ磁場(比喩的な表現ばっかりですいません)によるものであることが観客にすぐにわかるように描かれてる。荘厳なほどキレイで広くて天井が高い銀行のロビーでは日陰の人間には居場所がない、だから強盗する、ついでに天井に向かってマシンガンぶっ放す。人気の無い夜の海岸では愛しい恋人になるために岩場に身を隠す、はたまた刺客に命を狙われたらまるで分厚い壁が迫ってくるかのように周囲の壁をバックに必ず映す。(関係ないけど僕が映画観てバックの風景覚えてることは滅多に無いことです)

まぁ、この手法で「銀行強盗→犯罪者→いやぁねぇ」となる短絡思考を観客に起こさせないようにしてるわけっすね。デリンジャーと仲間たちの行動の理由がバックに映し出される風景を見ればすぐにわかる、というか普通に感情移入できるのです。

んで、追っ手のメルビン・パービス役のクリスチャン・ベールさんはですね、物語の後半で「ダークナイト」におけるバットマンと同様に「自分が何者なのか」がわかってしまって・・・というか自分についた「役」(はい、ここで前回と話がつながるわけですよ)が判明してアイデンティティが崩壊します。(そして同時にデリンジャーの恋人ビリーは自身のネイティブ・アメリカンのアイデンティティを固持してもしなくても同じ運命に苦しむことを自覚します)

そして、ジョニデ扮するデリンジャーはですね、これは史実としてあまりにも有名なんですが映画館から出てきたところを狙撃されますが、この映画の中ではデリンジャーがあるいは大悪党と糾弾されたりあるいは英雄として愛されたりしてどうもはっきりしなかった自分の「役」をこの映画館で映画観てる時にスクリーンの中の登場人物に感情移入して気づくんですね。そしてこの先の運命にも気づいてしまいます。

「ダークナイト」を評価する人間って「パブリック・エネミーズ」を評価しない人ばっかですが、古くさいテーマを現代に通用させるために編み出した手法は、どういうわけか一緒なんですね。こういう芸術論というほどでもないけれど、まぁこういうこと覚えておいた方が映画が楽しく見れるかな?という部分に言及してくださる「お金を貰って物を書く評論家のセンセェ」が日本に皆無というのは目を覆いたくなる現実でありまして、知性や教養と無縁の人生を送るワタクシがこんなことを書いて発表するというのはやはりワタクシに何らかの「役」が憑いて書かしているということなのではないでしょうか?

(言及するもしないも観てない映画にケチつけるという映画評論業界に古くからある悪習が未だ残ってるのを嘆くべきでしょう)
posted by fabrice du monde chien at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ついてる霊のってる霊



昔上の「ついてるね、のってるね」にかけて「ついてる霊、のってる霊」というギャグがありまして、まぁ以外に面白いんですが実はラッキーと調子がいいという意味の「つく、のる」と霊とかスピリチュアルとかの意味の「つく、のる」は語源が一緒なんす。

ついでに書くと(というかこれが本題)故・山城新伍も書いてますが役者に「役がつく」っていうのもこの霊が憑くっていうのと同じ意味なんす。

どういうことかというと本来演劇というのが演者に何らかの霊的なものが乗り移って観客に語り出すという古代宗教の儀式だったんすね。

だからこの古代宗教の名残りが強い「能」という演劇は死んだ人間が生きている役者に乗り移って語り出すという形式で話が進むのです。
この性質を取り入れたのがこの映画のオープニング


これは「能」ではない(ゴメン、演劇くわしくないのです)はずですが、同様の現象を利用してこの世に舞い戻る天草四郎のシーンは有名ですし、原作者の山田風太郎はその後「柳生十兵衛死す」でこの能のコンセプトを使ってタイムスリップをうまく時代劇に取り入れたりしております。

さて、こういう演劇のスピリチュアル性質を巧みに映画のシナリオに取り入れてるのが「ダークナイト」で日本のヲタのハートをわしづかみにしたノーラン兄弟ですが、どうもこの映画を絶賛する手合に限ってこのコンセプトを理解してるヤツがおらん。
以前も書いたんですが「バットマン」「ジョーカー」「トゥーフェイス」というキャラは登場人物についた「役」という扱いで具現化されてるわけでして、あまりにも有名になったジャック・ニコルソン演じる「ジョーカー」との競合を回避する策にもなってるわけなんですな。

そして、「ダークナイト」自体は三部作の激闘編なので主人公バットマン(あるいはブルース・ウエインに憑いた役)が何者であるか?ということが判明したくらいのところで映画は終わります。

と、まぁ、僕が今まで書いてきたことをおさらいしたところで今回は豪華2本立てなの次逝きます。
posted by fabrice du monde chien at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

鍛えろよ!

何も言わずにギャング映画の大傑作「ブラックシーザー」をご覧ください。



オープニングいいですねぇ。ギャングのおぢさんに連れられて階段を登るシーンが主人公トミー・ギブスのその後の人生を象徴してるわけですわ。JBの音楽と相まってテンション上がりまくり!(そしてラリー・コーエン監督の馬鹿演出によって後半テンション下がりまくり)

字幕はないしパート5とパート7が無くなってますけど日本未公開のこの映画、ぜひyoutubeで堪能してほしいっす。

それにしても、主演のフレッド・ウイリアムソン(元アメフト選手)の「体はマッチョでも心は傷だらけ」の演技がこの初期の作品から冴えまくってて楽しましてくれるしアラン・ドロンの「サムライ」へのオマージュが炸裂したこのシーンなんか、歌の歌詞と話の展開がシンクロしてて最高っすわ。



さて、この映画、どうも阪本潤治監督版の「仁義なき戦い。」の元ネタっぽいんですがどうでしょう?


ゴメン、画像無かった。あっちは大阪の同和と在日の問題を絡めてて(布袋の役のモデルはおそらく許永中)複雑な話だったんであまりヒットしませんでしたね。

おっと話を戻してこの映画の続編(ラストの展開が違う)が歴史上燦然と輝く「?」なギャング映画「ハーレム街の首領」でして、こちらのオープニングも必見です。

(何故かおねいさんがノーブラ)

どうでもいいけど配給のアメリカン・インターナショナルのロゴが「布団に入りながらテレビ見てる人」みたいでイメージ違いますね。
posted by fabrice du monde chien at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

モンゴルが熱い!!



え〜、ミッキー・ロークさんなんですが、今度はこの人ジンギス・カンやるんだそうで・・・・。

ミッキーさんといえばこの映画ですよね。


ハーリー・デイビッス〜〜ンとのっぽっさん(←違う)でバイカーをやってた人がモンゴル帝国の皇帝役・・・。バイカーでモンゴル・・・・


これか!


名門アウトロー・バイカー軍団「モンゴルス」っすか?

このミッキー・ザ・カーンの映画、監督があのジョン・ミリアスなんすよね。ミリアスといえば元サーファーでジェリー・ロペスと2回映画撮ってたりするからヒスパニックを中心に結成されたモンゴルスをひょっとしたら意識したかな?

よくキャラがかぶってしまうブルース・ウイリスはソニー・バーガーの自伝映画撮るって噂があったりヘルズ・エンジェルス寄りなのでミッキーが対抗してソッチにいっても不思議ではないということなのか。(ちなみに去年のクリスマスにジンギスカンのネタをやったのも実は因縁の仲のヘルズ・エンジェルスとモンゴルスにちなんでやりました)

モンゴル人であるのを理由に(表向きは違うけど)角界を追放された朝青龍にエンジェルスに人種問題が理由で入れなかったモンゴルス、そして猫パンチが理由で仕事を干されたミッキー・ローク(←違う)。

役者は揃った。来年はモンゴル帝国復活や!

posted by fabrice du monde chien at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。