2010年08月29日

筋肉万々歳



いやぁ、フランスがまたやってくれた!もう「ジャック・メスリーヌ」もすごかったけど今回の「アルティメット2 〜マッスル・ネバー・ダイ〜(笑」もかなり面白いっす。

前作はストーリーがジョン・カーペンターの「ニューヨーク1997」へのオマージュに加えて「ヤマカシ」譲りの肉弾アクション(まさに超人技のオンパレード)で香港映画とつながってるフランス映画の歴史をひしひしと感じさせてくれる傑作でした。

んで、今回はこの肉弾アクションに加えて昨今の弱者を叩くことで国民の不満をそごうとしてるサルコジ政権への痛烈なカウンターをぶちかまして(こういうことをやれる国だからフランス人ってオシャレなんだよ)本来の民主主義とは一体どういうものなのか?を真剣に考えさせてくれる筋肉と頭脳を両方使う大傑作に仕上がりました。

これは現実世界で起こってることですが、アメリカで「ギャングランド」なんて犯罪組織のドキュメンタリーがゴールデンタイムに放映されて話題になったりしてて、法の埒外に存在するギャングというコミュニティの存在価値が高まってきてるんですね。

んで、映画の中でも資本主義社会に根ざして利益をむさぼってたマフィア的なギャング達が冒頭、主人公のダミアンにあっという間にまとめて逮捕されてしまうところから始まるんですね。んで、後半になって主人公のダミアンとレイトに協力してくれるようになるのは隔離されたゲットーをアジトにしてるストリート・ギャングの面々。

今度の敵はゲットーの連中に暴動を起こさせてこれをダシに国家転覆を図るファシスト達。ところがダミアンとレイトの活躍でその暴動が仕組まれたモノであることが判明。そこで2人はゲットーを治めるギャングのボスたちに彼らが国家転覆のダシにされて、ファシスト達は彼らを滅ぼそうとしている事実を告げ協力を求めるわけです。

そこで集まった面々というのが中国系、アフリカ系、アラブ系、白人スキンヘッド、ロマ系と本来なら反目しあってたはずの連中で、彼らが自分たちの仲間と故郷を守るために協議しあって団結して国家を敵に回すことを決意するところは泣かせると同時に民族主義系テロリストの思想を見事なまでにビジュアル化してて度肝抜かれてしまいました。 

さて、その後の展開は映画を見てのお楽しみですが、ロマ系ギャングのボスの名前が「リトル・モンタナ」というのが出てくるんですやっぱりこの映画からとったんでしょうか?
posted by fabrice du monde chien at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

トロンっすか!?



うわ!まじでディズニーが「トロン」の新作作ってる。

しかも1作目の主人公やってたジェフ・ブリッジスも出てる!

それにしてもものすごい時代の流れを感じてしまうなぁ。
posted by fabrice du monde chien at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

似ている



え〜、満員御礼となったこの映画なんすけど、あれ?この映画どっかで見たことあるぞ?とか思って劇場を出てからしばらくして思い出したのがこの映画



同じディズニーが作った「オズの魔法使い」の続編です。プロットがほとんど一緒(笑

んで、「アリス〜」の監督のティム・バートンといいますと政治ネタをファンタジーに挿入するのが大得意な人でして、これって「オズの〜」の作者のライマン・フランク=バウムの作風に酷似してます。(「首のすげ替えで国民を欺く権力者」なんてなアイロニーが得意でした)


というわけでチャーチル似の美少女という悪夢みたいな設定の「アリス〜」の正体は「オズの魔法使い」だったというオチが素晴らしい。さすがバートン監督な映画でした。


それにしても昨今の日本のインテリは「アリス〜」は知ってて「オズの魔法使い」を知らん手合が多くて困る。敗戦の瓦礫の中でジュディ・ガーランド扮するドロシーの歌う「オーバー・ザ・レインボー」聴いて復興の意欲を燃やした記憶を日本人が忘れてる証左ですな。
posted by fabrice du monde chien at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

どうでもいいけど



史上最低の映画監督と呼ばれてるウーヴェ・ボルさんの新作がどういうわけかあちこちで評価されてます。 こちら

ぶっちゃけて言うと昔サンテレビで観た「核戦争後の世界、人類は放射能の影響で家具に変身してしまっていた!」とかいう馬鹿映画が放映されてて(それもシリアスな反核映画「風が吹くとき」の上映に合わしてだよ!)まぁ、絵ヅラ的にはそういうのも面白いと思うんですが実際みたら「おーい、オレ家具になっちゃったよ〜、どうしよ〜」と電話越しに台詞で説明するだけで話が進むというどうしょうもない代物だったりして、それに比べたらボルさんなんぞは大したことない人ではありますけどね。何故そこまで大騒ぎするのか?という感じで。


しかし、この映画の予告編を見る限りではボルさんのお仲間のオラフ・イッテンバッハが作った

こっちの方が面白そうなんですけどね。

イッテンバッハといえばタランティーノの「イングローリアス・バスターズ」の中のバットで将校を撲殺するシーンが明らかにこのイッテンバッハ映画へのオマージュ(とはいえイッテンバッハ側の方が先にタランティーノ映画へのオマージュを繰り返してた)になってるのに映画についてあれこれ語るアルファ映画ブロガーの人たちが気づかないというのはなんとも悲しいもんがありますが、彼のファン(ボルと違って固定客がいる)にしてみたらタランティーノの映画なんぞミーハー過ぎて見る気もおこらんのでしょう。

ただ、ボル監督の映画というのはいわゆる一般人の「コモンセンス」の中に入る内容の映画なので評価が当然つけやすい。コモンセンスのまな板に自ら乗っかって行った「飛んで火に入る夏のボル」といった感じのオッサンなのです。

対してイッテンバッハ(まぁまぁ巨根でそこそこイケメン)の方は女優で美人の奥さんと結婚してからは「死を超越したイターナル・ラブ」みたいなアッチ系の哲学に傾倒してみたりして(前からかなりおかしい人ではあったけど)その狂いっぷりがわかりやすい人ですんであまり評価されない反面悪くも言われないということにみたいですね。

ただ、死を超越したら「死の恐怖」という概念が無くなってホラーとして成立しないんですけどね。

まぁ、「女の独占60分」と「川口浩探検隊」を合体させたようなしょうもない映画を「ホラーの最高傑作!!」とか評する輩もいるみたいなので「最低か最高かの評価は観たお客さんが決める」ということでよろしいんじゃないですか?
(僕はボル監督の映画は見ても内容すぐ忘れるから評価しようがないのです)
posted by fabrice du monde chien at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。