2010年08月01日

どうでもいいけど



史上最低の映画監督と呼ばれてるウーヴェ・ボルさんの新作がどういうわけかあちこちで評価されてます。 こちら

ぶっちゃけて言うと昔サンテレビで観た「核戦争後の世界、人類は放射能の影響で家具に変身してしまっていた!」とかいう馬鹿映画が放映されてて(それもシリアスな反核映画「風が吹くとき」の上映に合わしてだよ!)まぁ、絵ヅラ的にはそういうのも面白いと思うんですが実際みたら「おーい、オレ家具になっちゃったよ〜、どうしよ〜」と電話越しに台詞で説明するだけで話が進むというどうしょうもない代物だったりして、それに比べたらボルさんなんぞは大したことない人ではありますけどね。何故そこまで大騒ぎするのか?という感じで。


しかし、この映画の予告編を見る限りではボルさんのお仲間のオラフ・イッテンバッハが作った

こっちの方が面白そうなんですけどね。

イッテンバッハといえばタランティーノの「イングローリアス・バスターズ」の中のバットで将校を撲殺するシーンが明らかにこのイッテンバッハ映画へのオマージュ(とはいえイッテンバッハ側の方が先にタランティーノ映画へのオマージュを繰り返してた)になってるのに映画についてあれこれ語るアルファ映画ブロガーの人たちが気づかないというのはなんとも悲しいもんがありますが、彼のファン(ボルと違って固定客がいる)にしてみたらタランティーノの映画なんぞミーハー過ぎて見る気もおこらんのでしょう。

ただ、ボル監督の映画というのはいわゆる一般人の「コモンセンス」の中に入る内容の映画なので評価が当然つけやすい。コモンセンスのまな板に自ら乗っかって行った「飛んで火に入る夏のボル」といった感じのオッサンなのです。

対してイッテンバッハ(まぁまぁ巨根でそこそこイケメン)の方は女優で美人の奥さんと結婚してからは「死を超越したイターナル・ラブ」みたいなアッチ系の哲学に傾倒してみたりして(前からかなりおかしい人ではあったけど)その狂いっぷりがわかりやすい人ですんであまり評価されない反面悪くも言われないということにみたいですね。

ただ、死を超越したら「死の恐怖」という概念が無くなってホラーとして成立しないんですけどね。

まぁ、「女の独占60分」と「川口浩探検隊」を合体させたようなしょうもない映画を「ホラーの最高傑作!!」とか評する輩もいるみたいなので「最低か最高かの評価は観たお客さんが決める」ということでよろしいんじゃないですか?
(僕はボル監督の映画は見ても内容すぐ忘れるから評価しようがないのです)
posted by fabrice du monde chien at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。