2011年01月30日

In nomine Mater,Filli et Spiritus EVIL!




突然ですが女性の皆さん。
男というのは女心が分からない生き物だとお思いでしょうか?それは違いますよ。

男には女心というものが手に取るようにわかるのです。


ただ、わかったからといって女性をどうにかすることができないからわかってないのと同様というだけのことです。



くだらない話は置いておきまして上の映画のテーマである「ハロウィン」というお祭りについてご存知でしょうか?

元々は「Hallow's eve」と言ってケルト人の大晦日にあたるお祭りなのですよ。一応wikiにその成立が詳しく載っていたのでリンクします。 こちら

これでハロウィンが実はキリスト教伝来以前のヨーロッパ人の文化を継承するお祭りであることがお分かりいただけますね。

そして日本にも地蔵盆というお祭りがございます。 こちら

地蔵盆というくらいですから地蔵菩薩をお祭りする仏教のお祭りに間違いないんですが、こちらもハロウィン同様お子様に菓子を配ったりしますねん。
んで、その祭りの「本当の」意義なんですが、江戸時代から檀家制度といって戸籍をお寺が管理するようになった関係で日本国民は皆仏法に帰依しなければならなくなりました。(もちろんその地方や階級によってお寺にもいろんな宗派があるんですが)
それ以前には天皇の朝廷が支配していたわけでこれは神社を司ってる神道ですな。

しかし、

日本で天皇家が現在の日本の6割方を支配するのは平安時代も末の話でして当然その勢力外にはいろんな部族や宗教がひしめいている多文化社会でありました。もちろん勢力圏内にもいろんな文化はひしめいてましたよ。


そんな様々な部族、宗教も時代の変遷に従い本来自分たちが持っていた宗教や風俗や文化を捨てて概ね画一化された「日本人」になっていくわけなんですな。この社会体制がほぼ完成したのが江戸時代くらいというわけです。

んで、多くの日本人はやはりお上に対しては「日本人」としてのアイデンティティを示してはいるけど心はやっぱりその郷土の文化を持った「郷土人」なわけでして、そういう2重のアイデンティティを背負い込むジレンマを解消するためにお上の方から

「地蔵盆の日には地蔵菩薩と一緒に郷土の神様をまつってもいいよ」

という不文律が生まれたわけです。
なので田舎に行けば行くほどこの地蔵盆は盛大に行われます。私の子供の頃は本チャンのお盆より盛大でした。


さて、この地蔵盆の趣旨はおこれでわかりいただけるでしょう。「故郷の伝統を子孫に伝えよう」ということなんですわ。
んで、こういう「親から子へ受け継がせる」系の意識というのはどうしても女性の方が強いもんでして、男の目からしたらこの地蔵盆は昔の新東宝の怪奇映画に出てきたような辺境の邪教としか写らないのでしょう。この行事を巡っておっさん連中とおばはん連中の対立が起こったりすることもしばしばございます。
(昨年は私の父がこうるさい男性の実行委員に対して「これは母と子の祭りだからあまり男は口出しするな」と注意してモメてた)

こういう地域社会での性差によるフリクションというのもドメスティック・バイオレンス(実際に暴力はないけど意地悪い態度くらいはある)の範疇で語ってくださるといいのですが、そういう方が女性の中に(女性でもインテリ気質が入るとこういう本当にデリケートな部分を否定したがるのよね)あまりいらっしゃらないのが残念です。

それはさておき



ホラー映画という道徳・コモンセンスが最優先されるエンターテインメントの世界においてその根幹にある


父と子と精霊の御名において In nomine Patris, et Filli et Spiritus sancti


を覆し


母と子と悪霊の御名において In nomine Mater et filli et Spiritus EVIL


に見事に変換して話を進めていくロブ・ゾンビ版「ハロウィン2」には地蔵盆やハロウィンや地域社会とか民族意識、果ては昨今のレイシズム運動などに対して私が抱くモヤモヤした思いに対する解答が全て描かれていたような気がしましたです。

それが故に私が生涯でも映画に付けた最高の評価「夜空に浮かぶ星の数の2乗」をあげたわけなんですが、次回でそれについて詳しく書きます。

posted by fabrice du monde chien at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

Return to Ireland



はい、最近では「トロン レガシー」が好評なディズニー実写映画の隠れた名作「Return to Oz」です。

何しろこれは大昔(1939年)にメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが製作したこの映画


の続編なんですよ。この映画終戦直後に日本でも封じられてました。といいますのが戦地から帰ってきた復員兵たちやその他空爆で家族や我が家や財産を失った人たちを慰めて復興への意欲を燃やさせるのに打ってつけの内容だったからです。実際、かなり当時日本でも話題になったそうです。

それと重要なことですが、戦前の大日本帝国というのが名前から政策からヴィクトリア調時代の世界一豊かな国だった大英帝国を目指して植民地政策やら何やらを行ってた国でして「脱亜入欧」と言うときには「欧」は英国以外の国は決して指さなかったんですね。
その英国も20世紀に入ると最早ガタガタになる一方で、いつまでもアカンようになった国の政策を踏襲する日本に対して「ええかげんシフトせぇよ」という意識改革を促すためのアメリカによる日本人の啓発のための映画でもあったのです。劇中の「黄色いレンガの道」はお金ですね。武力で他国を侵略するんではなくて貿易で儲けなさい、というメッセージともとれるのです。

ちなみに原作もそういう社会・経済を風刺したような内容なんですね。wikiを参照してください。

さて、それから50年近く経ってから続編が作られたのがディズニーのこの「Return to Oz」なんですね。製作会社も違うし権利関係が時効でクリアになったのを見計らっててさすがディズニー、商売がうまい!と思わずうなってしまいます。

んで、原作も前作も政治風刺ネタを内包するという宿命は変わらずで本作にも強烈なメッセージが込められてますわ。それは。


FU*K ニューエイジ(っていうかホメオ◯シーとかその辺)

です。
最初の方で主人公のドロシーたんが変な療養所に入れられて、どう考えても医学的根拠無さげな代替医療を施されそうになって逃げ出す場面があるんです。

まぁ、何度も申しますがディズニーというところは創始者がアイルランド系の人でありまして、ホメ◯パシーなんてんなニューエイジの中でもそっち系はほとんどが英国由来(ホ◯オパシーにいたっては王室が奨励してる)なもんでこれは叩かない手はない。ついでに50年代には良かれと思ってレッドパージ(アイルランド系は伝統的価値観を重んじるカトリックが多いため共産主義に反発した)に加担したけど赤狩り一派のレーガンが政権取る頃にはその役割はモラルなんちゃらだのをはじめとする宗教右派に乗っ取られてしまうわけなんでそれらに対する不満も80年代には爆発したことでしょう(ニューエイジとアメリカの宗教右派が直接関係あるかどうかは不明です)


そしてオズの魔法使いで西遊記の天竺にあたる目的地は「エメラルドの国」というなんとまぁアイルランド系の人が心の中に思い描く故郷の風景そのまんまの世界だったりします。



という感じでディズニーの実写映画って多くが「アメリカのコミュニズムとその周辺カルチャー」とか「北アイルランド問題」とかをず〜っと引きずってるんすよね(笑


さて、1作目で主人公のドロシーたんを演じたジュディ・ガーランドは不遇な生涯を送ったことで有名でその娘がライザ・ミネリですね。



んで、「Return 〜」の方でドロシーたんを演じたフェアルーザ・バルクさんは現在こんなんです。


口の開き型が晩年のジュディ・ガーランドに何故か似てるんすよね。似なくていいのに(笑
posted by fabrice du monde chien at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

NO MORE アイデア泥棒



皆様あけましておめでとうございます。

はてなブログから引っ越して初のお正月でございます。

新春一発目は大分前から持っていたネタ。映画館で上映前に流される劇場内での勝手な撮影の禁止を呼びかけるCMなんですが、なんとこれ元ネタがあったんです。



テクノ界の重鎮(古株)のスヴェン・ヴァス(ホントはスヴェン・フェートだと思う)のPVです。ウド・キアーではありませんよ。

まぁ、この人はロックとは完全に路線が違って最初からドップリとテクノ一直線であった関係で知ってる人は知ってるけど一般での認知度は皆無だし、何しろ20世紀の終わりから現在もイギリス以外の国でポップカルチャーが台頭すると(英国の息のかかった)メディアが総攻撃かけてくるというような状況でもあるわけなんで知らない人がいてもおかしくはないですよね。


それにしても曲といいパントマイムといい似てるでしょ?



ということで「NO MORE 映画泥棒」といいつつアイデアをテクノの重鎮スヴェン・ヴァスのPVからいただいていた。という小ネタでした。
posted by fabrice du monde chien at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。