2010年05月02日

頭からガツン!



いやぁ、見てきました「タイタンの戦い3D」
オリジナルは子供の頃日曜洋画劇場でワクワクしながら見たもんなんですが(そして主人公をアシストする賢人アモンが「ロッキー」のコーチ・ミッキーだったのに悶絶した)こっちはオリジナルを超える衝撃があります。

まず上映開始10分足らずでですね、神と人間の間に生まれた幼き日の主人公ペルセウスに育ての親がヒューマニズム(神のように偉大でなくても心の広さで神を超えろ、というやつです)を説くシーン、このお父さんをイギリスの中堅俳優ピート・ボスルスウェイトさんが演じてるんですがこの親父がまた顔の大きさがちょっとした中華鍋くらいあるんです。

で、このオッサンが幼きペルセウスに顔と近づけてヒューマニズムをとうとうと説くシーンでなんと顔面どアップ(しかも3D)になるんです。

「なんだよ、この親父の顔面エクスプロイテーションは?」と劇場の全員が思ったらしくって、このシーンでみんな「プッ」っと吹いてましたね。

正直、今年一発目の「フォース・カインド」の「(暗闇からいきなり)ドワー!!!!」とかもう顔面力を駆使したような展開がアメリカでは流行ってるようですが今回のはノックアウトされました。いや確かにこのオッサンの大顔面アップ(3D)はハンパじゃないインパクトありますからねぇ。

あれこれと評価が芳しくないこの映画ですが、是非ともこの映画史上に残すべき衝撃の映像を体験してください。もちろん3Dでね。

それ以外にも書くことがありますのでこの映画のネタは続きます。
posted by fabrice du monde chien at 17:39| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。