2010年05月28日

墓参りエクスプロイテーション



え〜、よくブログ上ではこの「ブラックスプロイテーション」と呼ばれる黒人がメインで登場する低予算映画が話題になるわけなんです。

線路沿いの貨物列車が通る音がうるさい貧民街の風景がどうとかあれこれと特徴が語られるわけですがちょっと待て。

僕自身はですね、幼少の頃からサンテレビという阪神タイガースの試合中継に特化してあとの時間は放送権の安い昔の映画ばっかし流してた地方放送局の洗礼を受けて育った人間なのでこの黒人映画なるものはかなりたくさん見てるんですわ。

それらの映画タイトルもストーリーもはっきりと思い出せないんですが、一番強烈だったのは学校がお昼で終わる土曜日の12時から

ソウル・ミュージックが全編ガンガンかかりまくって

毛皮のド派手なコート着たチンピラの若造が麻薬王になって

調子に乗って終いに地域住民の反感買って自警団が組織され

集団リンチでフルボッコにされてブチ殺される


という映画が放映されててあろうことかワタクシこれをお昼ご飯を食べながらおじいちゃんおばあちゃんと一緒に観たんですね(笑

んで、調子こいた麻薬王の若造は住民から追い立てられて逃げ込んだ先が墓場でしてそこで お墓参りに来てたお婆ちゃん に命乞いをしたけど「お前みたいなやつはおらんようになった方がええ」とお婆ちゃんにとどめさされるというアナーキー過ぎる内容の映画だったんですが。


このようにブラックスプロイテーションというのはどういうわけか


墓参りのシーンが異様に多い


というけったいな特徴がありましてこれに気づかないというのはやはりご先祖様を敬うソウルが日本人の心に欠けているという証左かと思う今日この頃です。



ラベル:墓参り 黒人
posted by fabrice du monde chien at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。