2010年12月12日

フレームの枠外



いや〜、前作観てから1年足らずで続編が観れるとは日本に生まれていいこともあるもんですな。

今回は舞台を日本に移して(ごくごく一般的な住宅街のある東京都杉並区)何故か前作とよく似た内装のお家で超常現象が浴びせかけられるように観る者を襲います。

さて、今回はやっぱり日本に舞台が移ったということで新機軸を打ち立てなければいけません。そこでこの記事のタイトルにあるように「フレームの枠外」で起こったこと、というのが問題になってくるわけです。

今回、悪霊の餌食になるのはカップルではなく姉弟です。そしてお姉さんのお名前が「春花」(関係ないけど弟の方は昔のアニメ「バビル2世」と同じ名前です)ですね。

この姉弟の2人暮らし(父親が仕事で不在)という設定と姉の名前・・・・。この二つで僕が思い浮かべたのはタイトルは忘れたけど戦前の春歌です。

春歌とは要するにエッチな内容の歌のことなんですが、これが貧困に根ざした悲恋なんかも題材にされることが多く、とりわけ多いのが江戸時代から浄瑠璃で演じられてきたような「心中」ものです。

んで、心中の動機ですが昔から親が恋愛結婚に反対するケースは多かったようですがそれならば「駆け落ち」という手段がございますので多くは「身分違いの恋」というのが心中の動機として一番に挙げられるようです。日本全国どこに行っても受け入れてくれられないような事情があった、ということですな。

ただ、この「身分の違い」とかそういうのを題材にして歌を作るのは、社会的にみて非常にアレなんで歌に歌われる時にはこれを「兄と妹」とか「姉と弟」とかに変換してしまうのですよ。


さて、話は「パラノーマル・アクティビティ第2章」に戻して今回の姉と弟が2人きりになる設定の根底には「姉弟の禁断の恋」がある、ということが決してカメラには収まらない事実として描かれてますね。(もちろんそれを示す伏線は劇中わかりやすく描かれてますよ)

そしてこの禁断の恋の行方は古今東西どこに行っても「破滅」しか存在しないわけでして、ここで「パラノーマル・アクティビティ」のプロットと見事に合致してしまうんです。

このお湿り感というか濡れ事感(ご丁寧に弟役は濡れ事の大家・歌舞伎の中村家と同じ性の中村蒼くん)でうまくオリジナルを処理する技術たるや、おそらく日本という国は世界でもトップクラスに到達したと思います。

擬似ドキュメンタリーという手法を駆使して「撮る側(そして観る側)」を恐怖のどん底へ引きずり込むことでかつてない臨場感を出した前作からテーマを拡大し、画面を注意してばかりでなく「撮る側(つまりカメラの後ろ側)」の心情を理解することで初めて「真実」を垣間見ることができるという一歩突き進んだテーマを打ち出した今作。ホラー映画を文学的に考察し続けてきた身としては感無量の出来栄えでした。

そして来年には早々にアメリカ版2作目が登場するからこのシリーズからは目が離せません。そして海外の熱い声援に守られて進化を続ける日本映画からも目が離せません。


posted by fabrice du monde chien at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。