2011年01月09日

Return to Ireland



はい、最近では「トロン レガシー」が好評なディズニー実写映画の隠れた名作「Return to Oz」です。

何しろこれは大昔(1939年)にメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが製作したこの映画


の続編なんですよ。この映画終戦直後に日本でも封じられてました。といいますのが戦地から帰ってきた復員兵たちやその他空爆で家族や我が家や財産を失った人たちを慰めて復興への意欲を燃やさせるのに打ってつけの内容だったからです。実際、かなり当時日本でも話題になったそうです。

それと重要なことですが、戦前の大日本帝国というのが名前から政策からヴィクトリア調時代の世界一豊かな国だった大英帝国を目指して植民地政策やら何やらを行ってた国でして「脱亜入欧」と言うときには「欧」は英国以外の国は決して指さなかったんですね。
その英国も20世紀に入ると最早ガタガタになる一方で、いつまでもアカンようになった国の政策を踏襲する日本に対して「ええかげんシフトせぇよ」という意識改革を促すためのアメリカによる日本人の啓発のための映画でもあったのです。劇中の「黄色いレンガの道」はお金ですね。武力で他国を侵略するんではなくて貿易で儲けなさい、というメッセージともとれるのです。

ちなみに原作もそういう社会・経済を風刺したような内容なんですね。wikiを参照してください。

さて、それから50年近く経ってから続編が作られたのがディズニーのこの「Return to Oz」なんですね。製作会社も違うし権利関係が時効でクリアになったのを見計らっててさすがディズニー、商売がうまい!と思わずうなってしまいます。

んで、原作も前作も政治風刺ネタを内包するという宿命は変わらずで本作にも強烈なメッセージが込められてますわ。それは。


FU*K ニューエイジ(っていうかホメオ◯シーとかその辺)

です。
最初の方で主人公のドロシーたんが変な療養所に入れられて、どう考えても医学的根拠無さげな代替医療を施されそうになって逃げ出す場面があるんです。

まぁ、何度も申しますがディズニーというところは創始者がアイルランド系の人でありまして、ホメ◯パシーなんてんなニューエイジの中でもそっち系はほとんどが英国由来(ホ◯オパシーにいたっては王室が奨励してる)なもんでこれは叩かない手はない。ついでに50年代には良かれと思ってレッドパージ(アイルランド系は伝統的価値観を重んじるカトリックが多いため共産主義に反発した)に加担したけど赤狩り一派のレーガンが政権取る頃にはその役割はモラルなんちゃらだのをはじめとする宗教右派に乗っ取られてしまうわけなんでそれらに対する不満も80年代には爆発したことでしょう(ニューエイジとアメリカの宗教右派が直接関係あるかどうかは不明です)


そしてオズの魔法使いで西遊記の天竺にあたる目的地は「エメラルドの国」というなんとまぁアイルランド系の人が心の中に思い描く故郷の風景そのまんまの世界だったりします。



という感じでディズニーの実写映画って多くが「アメリカのコミュニズムとその周辺カルチャー」とか「北アイルランド問題」とかをず〜っと引きずってるんすよね(笑


さて、1作目で主人公のドロシーたんを演じたジュディ・ガーランドは不遇な生涯を送ったことで有名でその娘がライザ・ミネリですね。



んで、「Return 〜」の方でドロシーたんを演じたフェアルーザ・バルクさんは現在こんなんです。


口の開き型が晩年のジュディ・ガーランドに何故か似てるんすよね。似なくていいのに(笑
posted by fabrice du monde chien at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179858650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。