2012年04月22日

カッターズ・ウェイを紹介いたします。



え〜、私が2月に1ヶ月間に渡って書きつづけたお話の元ネタである、「カッターズ・ウェイ」という映画です。

私が書いたお話は何しろ元ネタの資料がほとんど無い状態で書き始めたのでお話自体に関連性はほとんどございません(笑

しかし、私もこの映画と原作本に興味があったので英語版オンリーながら入手して鑑賞し途中から参考にするようにしてましたね。特に文章なんかはふざけたような冗談交じりのところなんかは原作も同じだったりします。特に「哀れな poor」という単語は実際原作本でよく出てきます。

それはいいとしてこの映画、公開当時は評価は芳しくなく、ほとんど忘れられた2002年頃というアフガン・イラク戦争勃発の時期にイギリスのケーブルテレビで俳優ジェフ・ブリッジスの映画の特集をやって、その時放映されるや大反響。アフガン戦争で揺れ動く世界情勢に通ずるものを視聴者さんたちは感じ取ったようなのです。

それ以後、とんとん拍子に原作本のイギリスでの再販が決定。フランスのガリマール出版からセリ・ノワールの作品として登録されたり(英語で書かれた小説は大概文学的レベルが低いのでセリ・ノワールに登録されるということはすなわちちゃんとした「文学」として世間に認められたということだ)昨年、原作者のニュートン・ソーンバーグさんが他界されたときにはやっぱりイギリスの阿修羅掲示板(笑 と言われるガーディアン誌で追悼記事が書かれたり、とじわじわと再評価されミステリーの殿堂入りを果たすまでに至った遅れて来た20世紀の英文学の至宝だったりするんですね。

んで、このお話の面白いところかと思いますが、ミステリーによくある「犯人探し」の要素がこのお話皆無で「〜〜かもしれない」「きっと〜〜だろう」みたいな推量、推測だけでお話が進んで行くんですね。本来のミステリーはこんな感じなんですが。
これをどういうわけかイギリスのファンの人たちは「これは無茶だ」とか「乱暴な推理だなぁ」と言う風に

全く否定的に見ないのです。

なんかここら辺の「客感的事実関係なんかどうでもいい」という部分に魅力を感じる感性の人が多くて面白かったですね。ここら辺がこの映画や原作本が英語圏でよく売れて日本で全く売れない理由だろうと思われます。

さて、個人的にこの客観性無視で主観的な思考だけで突き進んでいく主人公たちの姿はアメリカン・ニューシネマ的な破滅的なラストと相まってたまらなくカッコいいんですね。

このお話、時代はもう60年代が遠ざかってきた80年代初頭で、革命運動の精神的支柱であった「実存主義(主観が全てという考え方)」が徹底的に否定されて「構造主義(主観を相対化して否定する考え方:押井守の作品に顕著)」が幅を利かしまくっている状態を本当に閉塞的でニッチモサッチモ逝かない精神的にダメダメな社会という風に描写してるんですね。

そこに知性や教養を持ちながら下流に甘んじてニヒルかつアイロニカルに生きる最後の実存主義者・アレックス・カッターがガツンと物申すというところがこういうファンの方々にとっては魅力なのかな?なんて思ってしまいます。


なお、私の人生経験から言わしてもらえれば「より良い人生のために主観的なものの見方より客感的な分析」という考え方は全く役に立った記憶がございません。ですので個人主義・実存主義を貫くアレックス・カッターのような人生観に私自身は賛同しておりますし、他人にもすすめます。
posted by fabrice du monde chien at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。