2010年09月07日

あなたは奇跡を目撃する



というわけで和製ロードムービーの金字塔となるか?「ヘブンズドア」について語ります。

え〜、この映画、外国映画のリメイクということでジャニーズお得意のケーススタディ商法(過去の成功例をそのままいただく)にピッタリはまった企画ながら原作の日本の土壌に合わない部分をうまく処理しなければならない点が多々ありまして、映画全体の雰囲気は原作より同じドイツ映画でロードムービーの元祖ヴィム・ヴェンダース作品にならったような感じになってます。特に原作と最も違う点、主人公の相棒が三十路男から中学生くらいの少女に変わってる点などもこれにより「都会のアリス」へのオマージュみたいになってうまく処理できますた。(他にも「ベル天」や「時の翼に乗って」のナスターシャ・キンスキーもうまくサンプリング)



この男の子の妄想が具現化したようなナスターシャ・キンスキーの天使を若き和製絶叫クイーン(だってキメ台詞が全部絶叫なんだもの)の福田麻由子嬢がどう処理して演じるか?というのがこの映画の最大の見せ場になってますね。

んで、上記のベースに恐らく監督のマイケル・アリアスの趣味だと思いますが相米慎二の「セーラー服と機関銃」や「ションベンライダー」のオマージュが散りばめられてて(だから薬師丸ひろ子がカメオ出演)うまく原作を「和」のテイストに昇華することに成功。なかなか凝ってますな。


さて、内容ですが、余命3日くらいの長瀬智也演じる勝人が海を目指す目的が同じく余命幾ばくもない福田ちゃん演じる春海とは微妙に違ってるとこが肝ですね。

勝人にとって海は帰るべき場所、彼は時間を逆行して生まれたままの自分に戻りたかったわけですね。

対して春海ちゃんはですね、海は辿り着く場所なのですよ。なんとなく余命短い自分に人生の全てを教えてくれる場所と認識してるっぽい。

んで、春海ちゃんは最初は死と向かい合うのに抵抗がある感じでして、病院の外の世界で健康な人たちを大勢見てるうちに焦燥感にかられて、短命の我が身をはかなんでみたりします。

さて、物語は終盤にさしかかっていよいよ海が近づいてきますと、過去のしがらみを捨てて純粋な少年のようになった勝人はどうしょうもない死の恐怖にかられてしまいます。何しろ海こそがこのお話では天国の扉なのですから。

そんな勝人を慰め励ましてあげるため、遂に自身の運命に対してはふてくされていた態度をとっていた春海は自身の運命や死や世の不条理等、世界の全てを受け入れる決断をするわけです。若くしてもはや老境に達したわけですな。

そして死の恐怖と孤独感に打ちひしがれた勝人にまるで母親のようにこうささやきかけます。

「大丈夫だからね(死はこわくないからね)」

そう、人生の苦悩の全てを世界の全てを受け入れて老境にまで達した彼女は


「大霊界」の丹波哲郎と化したのです。


1969年 アメリカでは「イージーライダー」においてピーター・フォンダはキリストとなりアメリカの罪を背負った。

2009年 日本では14歳の少女が丹波哲郎となり友人を死の恐怖から救った。




奇跡です。


まさに奇跡です。日本映画がどんなに荒唐無稽なプロットを思いついても決して辿り着けない境地がそこにあったのです。




最近では「日々成長」なんて言葉が日常的に使われるようになって「成長成長」とやかましい昨今なわけですが、確かに人間は若いときは肉体的に成長しますがそれは20歳を境に衰えに変わります。そして経済は確かに成長させられますが、これとて無限に成長させることはおそらく不可能でしょうし、それを行う意味もないでしょう。

バブルの頃はどこまでも日本が成長し膨れ上がっていくと誰もが思っておりましたがご覧の通りバスト(破裂)が起こりました。

「人間は努力すれば強くなれる大きくなれる」みたいな思想というのを叫ぶ人間もいるけれど「そうかな〜?」という懐疑心が多くの人の心に起こってこれが「難病映画」が売れる基盤になった、というのが僕の推測ですが、本当の意味での成長というのは「縮小、衰退、老化、退廃そして死」といった人生のそして世界のネガティブな面をも受け入れる勇気を持つことではないか?というのがこの映画のテーマではないかと思います。

かつてドイツには発展小説という「成り上がり」をテーマにした小説ジャンルがありましたがそれは20世紀初頭には否定されました。「人間は自分の力では1cmも背を伸ばせないし、他の誰かになることもできない」という結論だけが残ったのです。そういう経緯があってこの映画の原作のドイツ映画「ノッキンオン〜」みたいな映画があるわけでこの映画を通じて「日々成長」「努力すれば◯◯になれる」みたいな風潮に疑問を投げかける気持ちが日本人の中に生まれてくれればありがたいです。


最後に 

長瀬 
黒の革ジャケットにジーンズ、インナーに赤のシャツを持ってきて袖口、襟、裾から出すことでアクセントとする。さらに赤シャツの裾をジャケットとジーンズの間にかますことで「黒と青」というマズい組み合わせを巧みに回避。最後は茶色のフェドラ帽とブーツで上下を合わして統一感を出す。

福田たん
濃い青のスパッツから始まって上に行くに従ってグラデーションになるようにインナーをコーディネート。首元の空色マフラーで上下の統一感を出す。ジャケットは市原悦子が二時間サスペンスで着るようなグレイのものながらフードについたファーの白と帽子の白が合わすことでジャケットのババ臭さを見事に打ち消して全体に馴染ませる。


ちゅうようなどう見てもプロがコーディネートしたような衣装の着こなしをモッサイお兄ちゃんと闘病中のお嬢ちゃんがするとはとても思えませんよね。
posted by fabrice du monde chien at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

IN LOVING MEMORY OF TOKI 



前回に続きまして、「ヘブンズ・ドア」について書きます。

この映画のオリジナル版というのがドイツ映画の中でも異色作でして、ハリウッド製アクション映画のプロットを踏襲し、爆発やカークラッシュ、銃の乱射といった小道具をふんだんに盛り込みつつも「絶対に人が死なない」そして「だけど主人公たちは絶対に死ぬ」という二つの条件を加えることでアメリカ映画が緊張感を生み出すために編み出したプロットや小道具を思いっきり緊張感のない笑えるシチュエーションに転換、そして主人公が最後まで生き抜いたことによって得られるカタルシスを最後に死なすことでしみじみとした感動に作り変えるという離れ業を行って世界的大ヒットを記録した奇跡の一作です。

日本でも公開当初は話題にならなかったもののその後じわじわと人気は高まり2ちゃんで専用スレができるほどに熱狂的な支持を集めるカルト映画となりました。(同様の現象を起こした映画は「イージーライダー」くらいしか僕はしりません)

現実の世界で「奇跡」を起こした本当に稀有な映画作品ということで「映画史上にその名を刻むオリジナルのご威光を受けてかリメイク作「ヘブンズドア」は(おそらく製作者の意向と関係なく)様々な奇跡を呼び起こしております。

話は逸れますが僕が何故小説とかでなく映画にハマるのかというと多くの人が多くの思いをもって共同作業で作られる映画というジャンルには何某か人間の思惑のおよばないところで奇跡が起こることがしばしばあるのです。
宗教入ったってこの奇跡にはなかなかお目にかかれないものでありますから1,800円払って映画館に足を運ぶのは僕にとっては決してわずらわしいことではないし、駄作に遭遇することも妥当なリスクなんですよ。こういう現象が10年に1度起きてくれればそれでいい。



んで、肝心の「ヘブンズドア」の奇跡の内容ですが

塩沢ときの追悼作品になっている

ということが一番かと思います。

塩沢さんといえばこうるさい高慢ちきおばさんの役をイメージする方が多いと思うのですが、wikiを参照するとこんな女優さんだったりします。

テレビや映画でもかなり奇抜な存在ですが私生活ではさらに奇抜というか、美貌と豊満な肉体を持ちつつ知的(イタリア語でオペラなんかをかなり上手に歌ったりもできました)で清楚でしかもエロいという男からしたら天使のような女性だった塩沢さんは、しかし癌という死の影と戦い続けた人生を送るのですね。

自由奔放な性生活という陽の面と闘病生活という陰の両面を長年渡り歩きながら女優をこなし続ける彼女が晩年よくやった「いやらしい高慢ちきおばさん」というキャラはおそらく性に奔放な自身を咎めつづけた世間の人たちに対するあてつけであり、「ほうら、(私を咎める)あなたたちなんかドラマの中では脇役でしかないのよ」と言いたかったのかも知れないですね。

そんな素敵な塩沢さんも2007年に3度目の闘病生活がやっと終わったと思った矢先4度目の癌によって他界されてしまいました。折しも世間は難病映画ブームが巻き起こっている矢先の出来事でした。

女優としての引き出しが広く、いろんな手段で観客を楽しましてくれて東宝とその系列会社のフジテレビに多大な貢献をなさった塩沢さんを同社は伝記映画作るなりして追悼するべきだとは僕は常々思っておりまして(同じ清楚で巨乳キャラの長澤まさみさん主演でお願いしたい)彼女の死とおそらく時を同じくして製作が開始されたこの「ヘブンズドア」は本当にいい追悼作品になったと思います。(主題歌を眼鏡の趣味が塩沢ライクなアンジェラ・アキが歌ってるし)

さて、次回は「ヘブンズドア」の内容についてちょっと解説してみたいと思いますがネタバレ全開ですので注意してくださいね。
posted by fabrice du monde chien at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NICE DAY TO DIE TODAY



数年前から邦画バブルと呼ばれる日本映画が大量生産される現象が起こった。

そしてその現象の中核には「難病」というキーワードがあった。

それを洋画マニアのブロガーのお歴々は徹底的にDISりまくり「難病映画(昔から東宝が作ってた)なんぞアホが見る豚のケツ」というような風潮が一部に蔓延した。



そこまではいい。

だが、この「難病」をDISった連中がやはり難病映画のプロットを踏襲したミッキー・ロークの復活作「レスラー」やクリ爺が「無法松の一生」をパクって作った湿っぽい自己満映画なんかに最高の賛辞を述べるのをネット上で見た時にもの凄い怒りがこみあげてきた。

テメーらふざけんな

あんだけ「しょうもない」と言い続けたお涙頂戴のプロットをプロレスだのクリ爺だのと自分の好きなもんが絡むとすぐに受け入れて賛美する。だったら最初から何も言うな!このクソボケ!!と、まぁ普通の人だったら思うでしょうね。

そんな出来事があってから半年後くらいに公開された(んだっけ?)この「ヘブンズドア」ですが、監督はアメリカ人。原作はドイツ映画の異色ヒット作。と、洋画と邦画の垣根を飛び越えたような無茶な映画というのが最初の印象です。

劇場公開時に見にいかなかったのを後悔するようなくらいよくできた映画というのが今回やっと鑑賞できた(地味に評判がいいらしくて大型店の在庫確保で品切れになって僕のいきつけのレンタル屋にDVDがまわってこなかったのよ)時の感想なんすけど、僕はこの映画を見てある女優のことを思い出さずにはいられませんでした。

(続きます)
posted by fabrice du monde chien at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪党大集合



はい、前回の「アルティメット2」に続いてこの「プレデターズ」も悪党が一致団結して巨大な敵に挑むというお話です。プレデターズと複数形になってるのはプレデターがたくさんでてくるからではなく、主人公たちが地球上では最強のプレデター(捕食者)とも言うべき殺しのエキスパートの集まりだからです。

この殺しのエキスパートを地球上から拉致って他の惑星に放り込んでプレデターたちがハンティングを楽しむという設定なんですね。(他の惑星から拉致られてきた連中は何故かフリチンで武器も持たず弱い)

今回は価値観も違いおそらく地球上ででくわしたらお互い殺し合うことになるであろう猛者がこの非常事態で一致団結してプレデターに逆に食ってかかるというこれ以上面白い企画はなかろうというくらい面白いアクション映画です。

さらにその企画にいつになくハイテンションでのぞむ主役のエイドリアン・ブロディの暴走ぶり(勝手に「続編も作る」とかいきまいてるそうな)も今回の見どころですが、どう考えても相容れない者どうしがお互い助け合い苦難を乗り越えようとする様は映画史上未だかつて描かれたことのない究極の人類愛ともとれるんで独特の雰囲気がありました。

個人的にはこれもオススメの映画っす。

あと、一作目と二作目へのオマージュがちりばめられてて、特にエンディングで流れてる曲がアレというのもシリーズを通してみてる人しかわからない憎い演出でした。
posted by fabrice du monde chien at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

筋肉万々歳



いやぁ、フランスがまたやってくれた!もう「ジャック・メスリーヌ」もすごかったけど今回の「アルティメット2 〜マッスル・ネバー・ダイ〜(笑」もかなり面白いっす。

前作はストーリーがジョン・カーペンターの「ニューヨーク1997」へのオマージュに加えて「ヤマカシ」譲りの肉弾アクション(まさに超人技のオンパレード)で香港映画とつながってるフランス映画の歴史をひしひしと感じさせてくれる傑作でした。

んで、今回はこの肉弾アクションに加えて昨今の弱者を叩くことで国民の不満をそごうとしてるサルコジ政権への痛烈なカウンターをぶちかまして(こういうことをやれる国だからフランス人ってオシャレなんだよ)本来の民主主義とは一体どういうものなのか?を真剣に考えさせてくれる筋肉と頭脳を両方使う大傑作に仕上がりました。

これは現実世界で起こってることですが、アメリカで「ギャングランド」なんて犯罪組織のドキュメンタリーがゴールデンタイムに放映されて話題になったりしてて、法の埒外に存在するギャングというコミュニティの存在価値が高まってきてるんですね。

んで、映画の中でも資本主義社会に根ざして利益をむさぼってたマフィア的なギャング達が冒頭、主人公のダミアンにあっという間にまとめて逮捕されてしまうところから始まるんですね。んで、後半になって主人公のダミアンとレイトに協力してくれるようになるのは隔離されたゲットーをアジトにしてるストリート・ギャングの面々。

今度の敵はゲットーの連中に暴動を起こさせてこれをダシに国家転覆を図るファシスト達。ところがダミアンとレイトの活躍でその暴動が仕組まれたモノであることが判明。そこで2人はゲットーを治めるギャングのボスたちに彼らが国家転覆のダシにされて、ファシスト達は彼らを滅ぼそうとしている事実を告げ協力を求めるわけです。

そこで集まった面々というのが中国系、アフリカ系、アラブ系、白人スキンヘッド、ロマ系と本来なら反目しあってたはずの連中で、彼らが自分たちの仲間と故郷を守るために協議しあって団結して国家を敵に回すことを決意するところは泣かせると同時に民族主義系テロリストの思想を見事なまでにビジュアル化してて度肝抜かれてしまいました。 

さて、その後の展開は映画を見てのお楽しみですが、ロマ系ギャングのボスの名前が「リトル・モンタナ」というのが出てくるんですやっぱりこの映画からとったんでしょうか?
posted by fabrice du monde chien at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。