2010年06月19日

ついてる霊のってる霊



昔上の「ついてるね、のってるね」にかけて「ついてる霊、のってる霊」というギャグがありまして、まぁ以外に面白いんですが実はラッキーと調子がいいという意味の「つく、のる」と霊とかスピリチュアルとかの意味の「つく、のる」は語源が一緒なんす。

ついでに書くと(というかこれが本題)故・山城新伍も書いてますが役者に「役がつく」っていうのもこの霊が憑くっていうのと同じ意味なんす。

どういうことかというと本来演劇というのが演者に何らかの霊的なものが乗り移って観客に語り出すという古代宗教の儀式だったんすね。

だからこの古代宗教の名残りが強い「能」という演劇は死んだ人間が生きている役者に乗り移って語り出すという形式で話が進むのです。
この性質を取り入れたのがこの映画のオープニング


これは「能」ではない(ゴメン、演劇くわしくないのです)はずですが、同様の現象を利用してこの世に舞い戻る天草四郎のシーンは有名ですし、原作者の山田風太郎はその後「柳生十兵衛死す」でこの能のコンセプトを使ってタイムスリップをうまく時代劇に取り入れたりしております。

さて、こういう演劇のスピリチュアル性質を巧みに映画のシナリオに取り入れてるのが「ダークナイト」で日本のヲタのハートをわしづかみにしたノーラン兄弟ですが、どうもこの映画を絶賛する手合に限ってこのコンセプトを理解してるヤツがおらん。
以前も書いたんですが「バットマン」「ジョーカー」「トゥーフェイス」というキャラは登場人物についた「役」という扱いで具現化されてるわけでして、あまりにも有名になったジャック・ニコルソン演じる「ジョーカー」との競合を回避する策にもなってるわけなんですな。

そして、「ダークナイト」自体は三部作の激闘編なので主人公バットマン(あるいはブルース・ウエインに憑いた役)が何者であるか?ということが判明したくらいのところで映画は終わります。

と、まぁ、僕が今まで書いてきたことをおさらいしたところで今回は豪華2本立てなの次逝きます。
posted by fabrice du monde chien at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

鍛えろよ!

何も言わずにギャング映画の大傑作「ブラックシーザー」をご覧ください。



オープニングいいですねぇ。ギャングのおぢさんに連れられて階段を登るシーンが主人公トミー・ギブスのその後の人生を象徴してるわけですわ。JBの音楽と相まってテンション上がりまくり!(そしてラリー・コーエン監督の馬鹿演出によって後半テンション下がりまくり)

字幕はないしパート5とパート7が無くなってますけど日本未公開のこの映画、ぜひyoutubeで堪能してほしいっす。

それにしても、主演のフレッド・ウイリアムソン(元アメフト選手)の「体はマッチョでも心は傷だらけ」の演技がこの初期の作品から冴えまくってて楽しましてくれるしアラン・ドロンの「サムライ」へのオマージュが炸裂したこのシーンなんか、歌の歌詞と話の展開がシンクロしてて最高っすわ。



さて、この映画、どうも阪本潤治監督版の「仁義なき戦い。」の元ネタっぽいんですがどうでしょう?


ゴメン、画像無かった。あっちは大阪の同和と在日の問題を絡めてて(布袋の役のモデルはおそらく許永中)複雑な話だったんであまりヒットしませんでしたね。

おっと話を戻してこの映画の続編(ラストの展開が違う)が歴史上燦然と輝く「?」なギャング映画「ハーレム街の首領」でして、こちらのオープニングも必見です。

(何故かおねいさんがノーブラ)

どうでもいいけど配給のアメリカン・インターナショナルのロゴが「布団に入りながらテレビ見てる人」みたいでイメージ違いますね。
posted by fabrice du monde chien at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

モンゴルが熱い!!



え〜、ミッキー・ロークさんなんですが、今度はこの人ジンギス・カンやるんだそうで・・・・。

ミッキーさんといえばこの映画ですよね。


ハーリー・デイビッス〜〜ンとのっぽっさん(←違う)でバイカーをやってた人がモンゴル帝国の皇帝役・・・。バイカーでモンゴル・・・・


これか!


名門アウトロー・バイカー軍団「モンゴルス」っすか?

このミッキー・ザ・カーンの映画、監督があのジョン・ミリアスなんすよね。ミリアスといえば元サーファーでジェリー・ロペスと2回映画撮ってたりするからヒスパニックを中心に結成されたモンゴルスをひょっとしたら意識したかな?

よくキャラがかぶってしまうブルース・ウイリスはソニー・バーガーの自伝映画撮るって噂があったりヘルズ・エンジェルス寄りなのでミッキーが対抗してソッチにいっても不思議ではないということなのか。(ちなみに去年のクリスマスにジンギスカンのネタをやったのも実は因縁の仲のヘルズ・エンジェルスとモンゴルスにちなんでやりました)

モンゴル人であるのを理由に(表向きは違うけど)角界を追放された朝青龍にエンジェルスに人種問題が理由で入れなかったモンゴルス、そして猫パンチが理由で仕事を干されたミッキー・ローク(←違う)。

役者は揃った。来年はモンゴル帝国復活や!

posted by fabrice du monde chien at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

墓参りエクスプロイテーション



え〜、よくブログ上ではこの「ブラックスプロイテーション」と呼ばれる黒人がメインで登場する低予算映画が話題になるわけなんです。

線路沿いの貨物列車が通る音がうるさい貧民街の風景がどうとかあれこれと特徴が語られるわけですがちょっと待て。

僕自身はですね、幼少の頃からサンテレビという阪神タイガースの試合中継に特化してあとの時間は放送権の安い昔の映画ばっかし流してた地方放送局の洗礼を受けて育った人間なのでこの黒人映画なるものはかなりたくさん見てるんですわ。

それらの映画タイトルもストーリーもはっきりと思い出せないんですが、一番強烈だったのは学校がお昼で終わる土曜日の12時から

ソウル・ミュージックが全編ガンガンかかりまくって

毛皮のド派手なコート着たチンピラの若造が麻薬王になって

調子に乗って終いに地域住民の反感買って自警団が組織され

集団リンチでフルボッコにされてブチ殺される


という映画が放映されててあろうことかワタクシこれをお昼ご飯を食べながらおじいちゃんおばあちゃんと一緒に観たんですね(笑

んで、調子こいた麻薬王の若造は住民から追い立てられて逃げ込んだ先が墓場でしてそこで お墓参りに来てたお婆ちゃん に命乞いをしたけど「お前みたいなやつはおらんようになった方がええ」とお婆ちゃんにとどめさされるというアナーキー過ぎる内容の映画だったんですが。


このようにブラックスプロイテーションというのはどういうわけか


墓参りのシーンが異様に多い


というけったいな特徴がありましてこれに気づかないというのはやはりご先祖様を敬うソウルが日本人の心に欠けているという証左かと思う今日この頃です。



posted by fabrice du monde chien at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

星空を見たら思い出せ(違



もうすぐ「Aチーム」の映画版が公開されるようです。楽しみですね!

さて、Aチームの名物男マードック(日本名クレイジーモンキー)のモデルとなったと思しき御仁がこちら



”町山智浩が絶対に語らない”サンフランシスコベイエリアの最大の名物グレイトフルデッドの今は亡き(ブルース・リーと同じく1973年没;関係ないけどこの年の夏に奈良にある柳生十兵衛が植えた「十兵衛杉」に落雷が落ちて枯れた)初代キーボード・プレイヤーのピッグペン。

よれよれのカウボーイハットに裾を出したウェスタンシャツという出で立ちですが、この人死後数十年経ってもファっション・リーダーとなってるんですね。いわゆる「アメカジ」の基礎を築いた一人です。

このちょっととぼけた風貌(Aチームのマードックの着てたような革のフライトジャケットは間違いなくこの人の影響だと思う)と奇行の数々でバンドの顔でありました。

Aチームは日本でもかなり人気のあったテレビシリーズですがはてな住民以外の人たちにとってサンフランシスコといえばグレイトフル・デッドなわけでしてピッグペンの威光もいつになっても衰えることなく語り継がれることでしょう。
posted by fabrice du monde chien at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。