2011年06月30日

アウトローの時代




お久しぶりです。

いやぁ、意外によかったですよ「パイレーツ・オブ・カリビアン4」

3Dということで期待したんですが、よくよく考えたら普段から立体的な風景をあまり意識していないので脅威の立体映像も「こんなもん?」って感じで観るようになってしまいました。ただし、リアリティという点ではかなり高得点の映像美だったっすよ。

このシリーズといいますとディズニーにあるまじきアウトローの生き様を描いた泥臭さとファンタジーの融合(本来のファンタジーはこういう荒くれ者たちの世界観にこそ存在する)が売りだったんですね。

だから前3作品ではとにかく海の男たちの生活の厳しさを可能な限り描ききった。例えば一度船出すれば陸に上がるまで風呂に入れないからとにかく登場人物の小汚いことといったら(ジャックスパロウにいたっては「息が臭い」と突っ込まれるほど)まるで「カムイ伝第2部」の岡本鉄二画伯がデザインしたスラムの住人のようでして、船上生活での重要なファクター「真水のありがたさ」をとことんまで描写して海賊稼業の苦悩をとことんまでリアルに掘り下げたんです。

そしてそんな過酷な海の世界に何故男たちがあこがれ我が身を的に危険に自ら飛び込んでいくのか?というモチベーションもかなり無茶な趣向で掘り下げた。「ほら、男だったらどんなに匂いがあっても女の子のあそこが恋しいだろ?それと一緒」って感じで。だから大怪獣のクラーケンの口はちょっとオ◯コっぽいデザインだったし海の神は女性だったりしたんですね。客観的なリアルよりも海の男たちの主観的リアルをつきつめてファンタジーと融合させる、これがこのシリーズの醍醐味というわけです。


さて、そんな前シリーズを受け継いで新シリーズの第1作となる本作ですが、彼らのアイデンティティの本質に迫る部分がお話の骨子となってます。これが前シリーズの「海賊と(イギリス)東インド会社との利権対立」という歴史的事件を扱った「縦の構造」を継承してて3Dだけに縦(歴史的事実)と横(主観的なアドベンチャーの要素)と奥行き(ファンタジー要素)を見事に体現してて見応えありました。


監督とスタッフをほぼ一新しておりまして、ディテール的には完全に別物とも言うべき変化はありましたが逆に設定に埋もれない躍動感があったんで当ブログのオススメの映画です。


この映画についてはまた書く予定ですが、海の神秘に遭遇するシーンの描き方という点では設定が地味な割に丁寧に作られている分迫力があるのであらすじ読んで「スケールダウンしてねぇか?」と不安になった方はどうぞご安心して劇場に足を運んでください。
posted by fabrice du monde chien at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

アンコール・ショーナフ

え〜、とっておきだった「ラスト・ドラゴン」のショーナフ・ネタを披露してから燃え尽き症候群を発症してしまいましたが、やはり「ショーナフと共に生きる」というのが私の人生のテーマですのでショーナフ動画を再び掲載します。



よく見たら「(I am)Shogun of Harlem」と言ってる時に小さく大見得(歌舞伎の技)きってるから(笑



「カンフーは銃に勝てない」というのがルールとしてあるそうなんですがそのルールを物ともしない主人公リロイ(歯で弾丸止める)



昔の映画なのにジャック・スパロウのジョニデを色んな意味で越えてます。
posted by fabrice du monde chien at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

これ見て元気出せ!2



いやぁ、すごいCMですねぇ。今回もみんなが元気になるような動画を集めました。(映画じゃなくてごめんね)





石原都知事への南アフリカからの回答ともいえるディ・アントウォードの「イーブル・ボーイ」そこはかとなく漂う修学旅行感がたまりません(笑




そして、裸といえば未来惑星ヅラドス(←松尾貴史命名)な。




最後はアメリカのテレビシリーズ「スパルタカス」


さぁ、みんなも裸を見て元気だそうぜ!(←意味不明)



それにしても今年は寒いな・・・・

posted by fabrice du monde chien at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

これ見て元気出せ!

震災から1ヶ月間は大勢のお亡くなりになられた方々のために喪に服す意味で更新をやめるつもりでしたが、暗いムードでの緊張状態を緩和することも必要かと思うので素晴らしい映画をご紹介します。「ラスト・ドラゴン」というソウルでおなじみモータウンが映画に参入して80年代に作った映画です。




何がスゴいってアンタ、悪役の「ハーレムの将軍」ことショーナフのキャラが素晴らしすぎる!



最早ヲタ系黒人の間では伝説となったショーナフの特殊効果付きのファイトシーンはこちら



この珠玉のマスターピース「ラストドラゴン」はyoutubeで全編見れるので是非ご覧ください。字幕は無いけど言葉わからなくても話はわかります(笑
posted by fabrice du monde chien at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

真性エクスペンダブルズ



筋肉大盛の映画「エクスペンダブルズ」ですが、スタローンがそういうキャスティングでくるならこういうキャスティングはいかがでしょうか?

「エクスペンダブルズ2 too expendable 」

要はキャラと容姿がかぶってる俳優をキャスティング(時々役柄もチェンジ)してお客さんを混乱させる映画です(笑

こんな感じで

マット・デイモン vs マーク・ウオールバーグ

ニコラス・ケイジ vs ジョセフ・ファインズ

ジョン・キューザック vs エドワード・ノートン

アンジェリーナ・ジョリー vs ロザリオ・ドーソン

クリスチャン・ベール と ウェス・ステューディは親子の役で。


並べてみたら似てないけれど脳裏によぎると確かに似ているキャスティングでどっちがどっちかわからんというただそんだけの映画。でも一度観てみたいですよね。(顔写真のリンク追加しました)
posted by fabrice du monde chien at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。