2011年02月27日

真性エクスペンダブルズ



筋肉大盛の映画「エクスペンダブルズ」ですが、スタローンがそういうキャスティングでくるならこういうキャスティングはいかがでしょうか?

「エクスペンダブルズ2 too expendable 」

要はキャラと容姿がかぶってる俳優をキャスティング(時々役柄もチェンジ)してお客さんを混乱させる映画です(笑

こんな感じで

マット・デイモン vs マーク・ウオールバーグ

ニコラス・ケイジ vs ジョセフ・ファインズ

ジョン・キューザック vs エドワード・ノートン

アンジェリーナ・ジョリー vs ロザリオ・ドーソン

クリスチャン・ベール と ウェス・ステューディは親子の役で。


並べてみたら似てないけれど脳裏によぎると確かに似ているキャスティングでどっちがどっちかわからんというただそんだけの映画。でも一度観てみたいですよね。(顔写真のリンク追加しました)
posted by fabrice du monde chien at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

メリハリ




今年も遅ればせながら


メリー針供養!!!

針供養とは



posted by fabrice du monde chien at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

EVIL is us



え〜、「ハロウィン2」のお話の最後です。上は映画の元ネタになったアリス・クーパーの「No more mr nice guy」をアリス氏の盟友ザ・フーのロジャー・ダルトリーがカバーしたものです。

作品中「EVIL is among us」という台詞が出てくるんですが最後の方では結論として「EVIL is US(ロブ・ゾンビ監督意向をくめば ”ユーエス” と読んでもいいかと)」ということになると思います。

結局ハロウィンというお祭りの主旨からいってハロウィンでみんなが仮装するモンスターたちは実は(キリスト教的価値観により異端とされ)弾圧された自分たちのご先祖様だったという歴史的な事実(西洋人のほとんど全てはケルト人の血を引いている)と映画の主人公ローリーが話が進むにつれ発見する真実とがリンクしてるんですね。

EVIlとは我々自身であってそれをBADと定義するコモンセンスこそが欺瞞であり、モンスターなんじゃね?


というロブ・ゾンビ監督の問いかけが感じられて興味深いですね。
また、こちらの予告編動画ですが


英語が分かる人が読んでもらうと面白いのですが賛否両論でめちゃくちゃイイかめちゃくちゃ最悪か意見が全て極端に分かれてるんですね。それだけ英語圏でも衝撃的な問題作であったことがおわかりいただけると思います。

さて、このお話を考えている時には最初の「女性の皆さん〜」というつかみが話のオチとつながってるという構成にしようと思っていたのですがどうにもこうにもオチがおもいだせなくなってしまって途中でぶつ切りになってしまったので最近問題になっている沖縄の米軍基地問題についてお話したいと思います。


沖縄の問題に関して他府県での関心が低い、あるいは批判の声が上がる、「これは沖縄県民に対する差別ではないか?」という批判への批判がございます。

この問題の根底にはですね、ほとんどの日本人が郷土人としてのアイデンティティを捨てて平均的な「ニホンジン」としてのアイデンティティを獲得することで繁栄を享受することに成功したことに対する「罪の意識」があるんではなかろうかと思う次第です。郷土人(「郷」を取ったら「土人」になる。それくらい日本人の中で郷土を愛する気持ちは下等と見なされている)というアイデンティティを高らかに掲げる沖縄の人たちを見るとこの罪の意識が心の中のにふつふつと沸いてきて心がシクシク痛んでくる、忘れたいというね。

EVIL IS AMONG US

posted by fabrice du monde chien at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

This is who we are



はい、前回の続きなのです。
世に溢れるアイデンティティとかプライドなんていうものに起因する種々の問題に関して私が感じたモヤモヤに対するこの映画「ハロウィン2」が出した解答とは

THIS IS WHO WE ARE


ということです。
思い起こせば90年代の後半ですか。アメリカの人気ドラマ「Xファイル」と同じクリエーターによる「ミレニアム」というのが放送されて、このドラマのテーマというのがこれだったのですよ。そして、時代は「自分探し」ブームに突入しまして、海外歴訪するやら変な薬やるやら宗教にハマるやらで若者の暴走が止まらなかった時代でございます。

まぁ、本当に自分を見つけたかったら鏡を買え、の一言で終わるような気がしますがそれは置いておいて。

大分前のことになりますがワタクシ、不肖ながら「3つのB」というタイトルでホラー映画の定石プロットをフロイト心理学で読み解いてみるというのをやったんですね。ホラー映画にでてくる登場人物の中で主人公、その恋人、とそれを横恋慕するモンスターの3つをですね。

主人公 THE BRAVE(勇者)

恋人(ヒロイン) THE BEAUTY(美女)

モンスター(悪者) THE BAD

としまして、これらの頭文字をとって3つBとしたわけです。んでこれをフロイト心理学にあてはめますと

BRAVE = 意識 (「こうありたい」と願う姿)

BEAUTY = 無意識(「こうあるべき」という本来の姿)

BAD = イド (いわゆる人間の心の中に潜む「神の領域」)

となるのですね。実はホラー映画の中に出てくるモンスターの類は全て人間の心の中の神の領域を表していた、という衝撃の事実が浮かび上がるわけですね。まさにゴッド・アンド・モンスター!(なんで一々フロイト心理学とくっつけなければいけないのか?というような質問はしてはいけない)



これを「人間の性、悪なり」と三回くらい連呼すると「空手地獄変 牙」とかの梶原一騎ワールドに突入してしまうんですが、この「ハロウィン」シリーズのコンセプトは「善悪の彼岸を越えて悪の本質を探求する」物語なので悪の世界の深淵へと主人公のローリー(「1」の前半は殺人鬼のマイケル・マイヤーズが主人公)は引きずりこまれていくのです・・・・・・・・というところで次回に続く。


posted by fabrice du monde chien at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

In nomine Mater,Filli et Spiritus EVIL!




突然ですが女性の皆さん。
男というのは女心が分からない生き物だとお思いでしょうか?それは違いますよ。

男には女心というものが手に取るようにわかるのです。


ただ、わかったからといって女性をどうにかすることができないからわかってないのと同様というだけのことです。



くだらない話は置いておきまして上の映画のテーマである「ハロウィン」というお祭りについてご存知でしょうか?

元々は「Hallow's eve」と言ってケルト人の大晦日にあたるお祭りなのですよ。一応wikiにその成立が詳しく載っていたのでリンクします。 こちら

これでハロウィンが実はキリスト教伝来以前のヨーロッパ人の文化を継承するお祭りであることがお分かりいただけますね。

そして日本にも地蔵盆というお祭りがございます。 こちら

地蔵盆というくらいですから地蔵菩薩をお祭りする仏教のお祭りに間違いないんですが、こちらもハロウィン同様お子様に菓子を配ったりしますねん。
んで、その祭りの「本当の」意義なんですが、江戸時代から檀家制度といって戸籍をお寺が管理するようになった関係で日本国民は皆仏法に帰依しなければならなくなりました。(もちろんその地方や階級によってお寺にもいろんな宗派があるんですが)
それ以前には天皇の朝廷が支配していたわけでこれは神社を司ってる神道ですな。

しかし、

日本で天皇家が現在の日本の6割方を支配するのは平安時代も末の話でして当然その勢力外にはいろんな部族や宗教がひしめいている多文化社会でありました。もちろん勢力圏内にもいろんな文化はひしめいてましたよ。


そんな様々な部族、宗教も時代の変遷に従い本来自分たちが持っていた宗教や風俗や文化を捨てて概ね画一化された「日本人」になっていくわけなんですな。この社会体制がほぼ完成したのが江戸時代くらいというわけです。

んで、多くの日本人はやはりお上に対しては「日本人」としてのアイデンティティを示してはいるけど心はやっぱりその郷土の文化を持った「郷土人」なわけでして、そういう2重のアイデンティティを背負い込むジレンマを解消するためにお上の方から

「地蔵盆の日には地蔵菩薩と一緒に郷土の神様をまつってもいいよ」

という不文律が生まれたわけです。
なので田舎に行けば行くほどこの地蔵盆は盛大に行われます。私の子供の頃は本チャンのお盆より盛大でした。


さて、この地蔵盆の趣旨はおこれでわかりいただけるでしょう。「故郷の伝統を子孫に伝えよう」ということなんですわ。
んで、こういう「親から子へ受け継がせる」系の意識というのはどうしても女性の方が強いもんでして、男の目からしたらこの地蔵盆は昔の新東宝の怪奇映画に出てきたような辺境の邪教としか写らないのでしょう。この行事を巡っておっさん連中とおばはん連中の対立が起こったりすることもしばしばございます。
(昨年は私の父がこうるさい男性の実行委員に対して「これは母と子の祭りだからあまり男は口出しするな」と注意してモメてた)

こういう地域社会での性差によるフリクションというのもドメスティック・バイオレンス(実際に暴力はないけど意地悪い態度くらいはある)の範疇で語ってくださるといいのですが、そういう方が女性の中に(女性でもインテリ気質が入るとこういう本当にデリケートな部分を否定したがるのよね)あまりいらっしゃらないのが残念です。

それはさておき



ホラー映画という道徳・コモンセンスが最優先されるエンターテインメントの世界においてその根幹にある


父と子と精霊の御名において In nomine Patris, et Filli et Spiritus sancti


を覆し


母と子と悪霊の御名において In nomine Mater et filli et Spiritus EVIL


に見事に変換して話を進めていくロブ・ゾンビ版「ハロウィン2」には地蔵盆やハロウィンや地域社会とか民族意識、果ては昨今のレイシズム運動などに対して私が抱くモヤモヤした思いに対する解答が全て描かれていたような気がしましたです。

それが故に私が生涯でも映画に付けた最高の評価「夜空に浮かぶ星の数の2乗」をあげたわけなんですが、次回でそれについて詳しく書きます。

posted by fabrice du monde chien at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。